ニキビ跡消す > 赤みのあるニキビ跡を解消する方法

赤みのあるニキビ跡を解消する方法

赤いニキビ跡ができてから随分経つのに、なかなか薄くならないと悩んでいる方。

★32℃以上のお湯で洗っている
★肌に直接触れて洗っている
★拭き取りタイプのメイク落としを使っている
★長い間ニキビ用化粧品を使っている
★パッティングして化粧水をつけている
★保湿の際に乳液を使っている
★しっとりタイプの化粧水を使用している
★パウダリーファンデーションを使用している

これらは赤いニキビ跡が薄くならない間違ったケア方法とアイテムの一例です。 また、赤いニキビ跡に悩んでいる方の大半が、ニキビ専用の化粧品を使っていたり、ピーリングした経験があるようです。

これらは刺激が強いので炎症を起こし、赤いニキビ跡となって定着してしまったと考えられます。 赤みのあるニキビ跡から解放されたいのであれば、アイテムを見直すことから始めましょう。 これからもずっと皮膚に刺激を与えていても、ニキビ跡は改善されません。

ニキビ跡というのはすぐに消えるわけではないので、赤みが消えるまでに時間がかかるということも覚悟しておきましょう。 最低でも半年はかかると思ってください。

もし、肌の内側が乾燥しているインナードライという状態なら、ニキビの赤みがなかなか改善されません。 インナードライにならないようにする為には、微アルカリ性の洗顔フォームがオススメです。 大切な皮脂を残しながら、不要な汚れをしっかり落とすことがポイントです。

そして、しっとりすぐに潤うような化粧水ではなく、消炎作用成分が含まれていて、保水力と浸透力のある化粧水を使うといいでしょう。

さらに、ニキビによって痛んでしまった肌を元に戻す為に、ベタつかないタイプの生薬配合クリームで皮膚の修復をサポートしましょう。

インナードライをなくす方法がわかれば、ニキビもできにくくなってきます。 最適なアイテムを用いてスキンケアを実践することが大切です。 赤みのあるニキビ跡を消しながらニキビ知らずの肌を目指しましょう。